« マーヤ初おぼれ! | トップページ | 雨が降ると雑草のごとく成長する? »

レッスン10回目

レッスン前のお散歩。

神社の横に桜の木が、一面に植え込まれた公園があった。

楽しみだね~。

ここで、又ダニが付いた。

この辺も、ダニが多いみたい。

今日はもんしろ蝶も飛んで、

春本番の暖かさ。

走ると、自然とお口が開いてもう暑いぐらいだね。

2009_3_161

2009_3_162

2009_3_163

昨日水遊びした後タオルドライしただけだと、

下半身の毛に癖が出た。下半身のみ父似なのかな?

2009_3_164

やはり、土管はチェックしとかないとね。

2009_3_165

この写真だと、成犬のように見えますね。

今は24kg、まだまだ6ヶ月なのでもう少し大きくなるかな?

2009_3_166

2009_3_167

2009_3_168

2009_3_1610

2009_3_1611

前回に引き続き、スパイクを付けて「マーヤ」と呼んで「おいで」の練習。

マーヤは根性が有るので、なかなか降参しない。

先生がスパイクでショックを繰り返し入れても、キャンとはなかない。

でも、今日はキャンとないた。

かなり怖かったみたいで、それから態度がガラリと変わった。

強制訓練は、犬の恐怖感を利用した訓練だと私は思っている。

人に当てはめると、奴隷がチェーンで繋がれて鞭でたたかれながら、

働いているシーンが脳裏をよぎる。

こんな、酷い事虐待にしか思えない。

犬を、擬人化して考えれば、とても出来ないこと。

が、マーヤはやっぱり犬なんだな。

いくら、言葉で諭しても本能で行動してしまい、

自分が気になる物や人、犬、何でもに、

飛びつき、嘗め回し、そのうち服を引っ張ってみたりする。

これをさせない為には、呼び戻しをきっちりするか、

自由運動はなしにするかのどちらかしかない。

やはり、自由に運動させてやらないと、

とってもストレスがたまるので、

どんなに辛くても、呼び戻しを完成させるしか、

マーヤを自由にさせてやる道はない。

本能で、怖いことを感じ、

自ら怖くない方向、

つまり「マーヤ」と呼んでいる人の方へ、

一刻も早く飛んでいくのが、

一番安全であることを、

今日は身をもって体得したようです。

今日の訓練で、キャンって言ってから、

怖いので、チャカチャカしなくなり、

とっても落ち着いて、じーっとこちらを見るようになった。

マーヤの魂が抜けて、お利口な別の魂が乗り移ったような感じ。

全く違う犬になりました。

あんまり、大人しくなったので、

大丈夫かな?って心配したけれど、

スパイクはずしたとたん、

何時ものマーヤに戻った。

そう簡単に良い子にはならないようです。

早く、スパイクを卒業したいですね。

|

« マーヤ初おぼれ! | トップページ | 雨が降ると雑草のごとく成長する? »

訓練」カテゴリの記事