« お達者クラブ 七夕 夕食会 | トップページ | ニョキニョキ きのこ  »

レッスン27回目

2009_6_3020

2009_6_3021

2009_63024

2009_6_3023

我が家から布目ダムまで約30km、

私のノロノロドライブで1時間かかる。

奈良市内から山越えの道に入ると、

延々とカーブが20分間続く、

かなりきついカーブの連続なので

マーヤが酔わないか心配だったが、

着くと暫くきょとんとしているが、

吐き気を催したり辛そうにしてはいないので、

マーヤは車には酔わないようだ。

20分も走れば随分涼しく、

先生のお宅ではクーラーはいらないそうです。

ただ、この辺りはお店が全くなく道に電気もついていないので、

夜は真っ暗。

夜には蛍が見られるそうなので、

一度ホタルも見てみたいが、

帰り道が真っ暗だと怖そうなので、

レッスンが終わると寄り道せずにさっさと帰って来てしまいます。

さて、今日のレッスンは先週に引き続き、

「脚側行進中の伏せ」を練習する。

マーヤはまだ「来い」の練習をした時に

リードを投げられた時の怖さが抜けず、

まだ、ビクビクしている。

でも、少しずつましになってきているので後もう少しで、

元気にレッスン出来るようになるかな。

最初「伏せ」の練習をし始めた時、

前回入れて貰った素早い「伏せ」をマーヤは忘れていた。

先生にリードを交代して持ってもらうと、

直ちに思い出し「伏せ」と先生が言うと、

パット素早く伏せ、前回のレッスンを思い出したようです。

それから、私がリードを持って「伏せ」と言っても、

素早く伏せれるようになった。

マーヤの身体は危機感を持たないと、

身体が素早く動かないようです。

人間でも、自分で試験勉強を、

日ごろから出来る良い子ばかりじゃなく、

お尻に火が点かないと勉強しない子もたくさんいるので、

おつむテンテンのマーヤだと、こんなもんかな。

私とのレッスンでは、危機感がないのがダラダラ動く原因ですね。

どうしたら、危機感を持たせられるか、とっても難しいです。

マーヤは痛みに強くチョークやスパイクでのショックは、

あまり効果がなく、

リードを投げるというようなビックリすることをやると

非常に効果が上がったことを考えると、

怖いものを探すと良いかもね。

でも、今の所先生とリード以外怖いものがないのよね。

やはり、涼しいところでレッスンする方が、

レッスンは順調に進み、私もとっても楽です。

蚊がいないのもとってもGOODです。

|

« お達者クラブ 七夕 夕食会 | トップページ | ニョキニョキ きのこ  »

訓練」カテゴリの記事