« 粟が食べごろ? | トップページ | どんぐり池に水溜り »

レッスン30回目

今日もとても良いお天気だったので、

思い切って朝からフロントラインをする。

夜雨の予報だったが、何とか大丈夫だった。

夕方、マーヤの訓練に出かける。

今日は夕方5時からのレッスンでしたが、

やはり、現地は涼しかった。

今日は先生の雌のシェパード「マルちゃん」を連れてきてくれた。

マーヤは一緒に遊ぶかなって思ったが、

怖がって近寄らない。

大人になって、マーヤにも怖いものがいろいろ出てきた様子。

マルちゃんが口からポロンと落としたボールを、

とってごらんって感じの態度に、

側にいたマーヤはお漏らしをしてしまった。

「マルちゃん」には以前1度会っているが、

その時は遊びたがっていたのにね。

家に「マルちゃん」のような犬がいれば、

マーヤの態度も良くなって静かになるのにな!

今日もレッスンは、前回までのおさらいです。

今日は「伏せ」を私が指示した時、

いつも後ろ足を崩して「休め」になるので、

崩さないように修正をした。

先生がリードを持つと崩さないのに、

私がリードを持つと必ず崩す。

マーヤは先生と私で完全に態度を変えている。

私に対しては自分と対等な立場の「ダチ」だと思っている様で、

態度が悪い。

何度修正しても、

悪い態度は変わらず後ろ足を崩す。

これは、マーヤと私のポジション争いですな。

私は、マーヤなりに動かされていると先生から指摘を受けた。

いつの間にか、マーヤがリーダーになっていたかも。

「伏せ」は強制を入れて貰ったので、

機敏に「伏せ」をするし。

「伏せ」をしていると安全だとマーヤは思っているらしく、

何も言わなくても自ら伏せをする。

一方「立って」は腰が重くなかなかお尻が上がらないので、

お腹に手を回して持ち上げて「立って」の練習をする。

此処暫くは、トーンダウンしたマーヤの気分を上げる為、

先生もマーヤを叱ることもなく、

気分を上げるようにやさしく遊んでやりながらレッスンしているのに、

一度落ち込むとなかなか気分が向上しなく、

マーヤは割りと根に持つタイプの様で、

此処何週間か脚測行進がトボトボなのが戻らない。

それでも、帰りがけ気分が乗ってきたマーヤ。

調子が出てくると、何でも機敏に出来る様になる。

マーヤは環境によってもの凄く動きが違う犬になる為、

いくら練習で出来ても、

環境が変われば出来るかどうか分からないところが有る。

マーヤと私が、2月から訓練を初めて半年が経った。

何とかCDⅡの科目が一応出来る様になって来たのですが、

きちんと出来るまでの道のりはまだまだ遠そうです。

2009_7_2611

暑くなってからは、毎日クーラーの効いた涼しいお部屋でお留守番。

サークルに居る事が多いので、バリケン500をサークルの中に移して見た。

中に入っているよりも上に居る事の方が多い様子。

2009_7_2610

以前はバリケン300の上で、サークルにしがみついて寝ていた。

もう中には入れないし、上に居るのも狭く落ちそうだった。

2009_7_2612

座ると、顔がサークルから出てしまう。

サークルから出ようと思えばいつでも出れる状態なので、

バリケン500をサークルの中に入れるのには勇気がいったが、

意外とサークルの中に納まっている。

|

« 粟が食べごろ? | トップページ | どんぐり池に水溜り »

訓練」カテゴリの記事