« 涼しくなってパワーアップ | トップページ | マーヤ、サークルを越える »

レッスン32回目

前回から陽気にレッスン出来る様になったマーヤ。

マーヤの気分が乗らないと、

指導手の私も、やる気が半減してしまうので、

訓練も上達するのが難しく思います。

犬にやる意欲を持たせることはとても重要です。

毎日の練習の時は、

私の意欲にムラがある為、

意欲がない時は、訓練は無しで遊ぶだけ。

先生とのレッスンでも、

犬に意欲がある時は、

訓練も1回で決まることも多く、

早く終わって雑談出来たりするので、

普段のレッスンと言えども、

レッスンの時間に向けて意欲を持たせるように

努力しないといけません。

今回で32回目のレッスン。

まず脚側行進中の伏せと座れの練習。

此処で結構手間取っています。

マーヤの伏せは、今だにすぐに崩れてしまい、

毎回崩れた姿勢を直さないといけない状態。

これは、私とマーヤの関係が大きく影響している。

マーヤは私とまだまだ張り合っていて、

私の言うことを何が何でも聞きたくない様子。

此処から先は、

私がいち早くマーヤより上の位置にポジションを築かない限り、

スムースに行きにくそうです。

最近日常生活でも、

マーヤは勢いをつけて、

私に向かって良く吠えるようになって来ている。

先生に相談すると、

私に歯向かった時、マーヤが引くぐらいの迫力を持って叱ることだと・・・・。

以前、ジャスティーママにもそう教えられ、

真剣に叱っているつもりだが、

余計に増徴させている様な感じになって困っている。

これから、マーヤに負けないように気合を入れて

毎日の生活をしないといけません。

もうここら辺で逆転出来ないと、

マーヤの力も強くなって来ている事もあり、

何か会った時に困ることが出て来て、

外出するのが嫌になりそうだから。

今でも、結構マーヤのお陰で行くところと行けるメンバーは限られている。

さて今日のレッスンでは、新しいことを3つ始めました。

「据座」と「遠隔の伏せ」と「持って」

まず「据座」から始める。

「待て」が苦手なマーヤ。

マーヤに失敗させないように、

短い距離から始め、

成功の積み重ね」によって訓練を進めないといけないと指導を受ける。

まず「待て」の命令をして、

2~3メーター離れた位置で振り返りボールを投げてやる。

犬はボールを投げてくれるのを期待して待つようになるので、

徐々に距離を無理せず伸ばして行く。

これは、何となく出来そう。

次に「遠隔の伏せ」

これは、お散歩の時に練習したことが何回かあったので、

割と飲み込みも早く短い時間で習得できるかも。

この練習のポイントは、

「伏せ」すると出来るだけ早くボールを投げ、

早くボールが欲しい心理を利用して、

すばやく伏せを犬がしたくなる様に持って行くこと。

そして、「持って」

ダンベルを投げてマーヤとレッスン前に遊んでいた時に、

先生が「マーヤと呼んで」と私に指示。

呼んで見ると、マーヤはダンベルを置いて走って来た。

この反応をみて先生は、

マーヤのダンベルへの執着心はそんなに強くないので、

強制を入れておいた方が良いと判断。

「持って」の強制は2週間ぐらい、

毎日朝昼晩と1日に何度も集中してやることが必要らしい。

それで、いつから始めるか悩んでいたが、

マーヤはこの練習をあまり嫌がらずこなすので、

今日からやることにした。

先生のやり方はこんな感じ。

後へのポジションに付かせ、

指導手がかがみ込み、

犬のマズルの上を左手でつかみ、

右手にダンベルを持つ。

「持って」でダンベルを咥えさせ、

「待て」と言ってそのまま咥え続けさせる、

犬がダンベルをがちがち噛んだり、

出そうとしたら「待て」と言って、

右手で下から顎を上にチョンと押し上げショックを与える。

犬が嫌がる強さでやるのがポイントだそうで、

下あごを突き上げられる不快感を逃れたい為に、

ダンベルを持っていることを犬が選択するように持って行く。

しっかり持てたら「出せ」でダンベルを出させる。

3回ほど家に帰ってからも練習して見たが、

まだがちがちやるが、

嫌がらずに練習しています。

早く「持って」が出来る様にならないと「持来」が練習できないので、

続けて2週間練習しましょう。

この練習は、リビングや犬がいつもいる場所ではない、

嫌な場所になっても支障のない場所でやらないと、

ダメですね。ちなみにマーヤはベランダでやってます。

訓練の写真は自分では撮れないので、

写真は26日のお散歩の時に撮ったもの。

2009_8_265

遠くにいるLeighをじっと見つめ。

走って行って遊ぶのがお気に入りです。

走っている写真は、いまだにほとんどブレブレです。

ただ撮っているだけでは上達しないみたいです。

2009_8_266

2009_8_267

2009_8_268

マーヤの足の裏がいつの間にか傷だらけです。

毎日すり傷作っていますが、

犬の傷って放って置いてもすぐ直りますね。

Leighはすり傷がない子なので、

すり傷だらけのマーヤを見ていて、

何でも自分で治して偉いって思ってしまいます。

2009_8_264

2009_8_2611

2009_8_2612

2009_8_2614

2009_8_2610

この写真を撮るのにマーヤの待てを10回ぐらい直しました。

カメラを構えると動きます。

2009_8_262

Leighのこの写真はファインダーを覗かず偶然撮れたものですが、

目に光が入って気に入ってます。

2009_8_2613

|

« 涼しくなってパワーアップ | トップページ | マーヤ、サークルを越える »

訓練」カテゴリの記事