« 素敵な朝 | トップページ | バリケン300 »

レッスン33回目

今日は訓練の日。

何故か道が今日は非常にすいていて、

早めに出たことも有るが、早く着いた。

今日は曇り空。それに湖面を渡る涼しい風。

風が有るお陰で、マーヤは車を降りるなりとっても元気。

暫くは慎重に行動していたが、

先生がいないことを確認して、

ラッキーと思ったかどうか分からないが、

原っぱでルンルンです。

2009_9_24

回りを注意深く確認しているマーヤ。

2009_9_23

先生がいないことを確認して走り出す。

2009_9_212

2009_9_26

2009_9_29

幼少の頃は大変足運びがきれいでしたが、

最近、側体歩になることも多くなった。

早足で走ると、ギャロップになり少し鍛えないとね。

2009_9_28

マーヤの首が長くなったな~って思っていたら、

スパイクを着けるのを忘れてました。

いつもスパイクを着けていたので、

首が短いって思ってましたが、普通かな。

スパイクのお陰で毛が擦り切れて、

スエーデン式のカットをしているように見えますね。

2009_9_25

2009_9_21

2009_9_22

2009_9_211

さてレッスンですが、毎日「持って」の練習をしてますが、

すんなり持つので、強制の意味がない練習になっているような気がして、

まず、最初に見ていただきました。

ある程度意欲がある為、マーヤが自分から首を伸ばして口を開き、

咥える練習を教えていただきました。

先生がマーヤのリードを「持って」の練習をやり始めたら、

急に持ってを拒むようになり、

その場から逃げようとしました。

先生はショックを入れ座り直らせ、「持って」と言って、

閉じている口の鼻の下辺りをコツンとダンベルでぶつけ、

口を開いて自ら咥えようとするまで、

暫く押し問答。

マーヤが久しぶりに先生に反抗して我をはり、

何が何でも咥えないぞモードに入りましたが、

結局マーヤが折れて、最終的には自分から咥えるようになりました。

犬が嫌がって逃げようとするのを、

絶対に逃げさせてはいけないそうです。

それで廊下の突き当たりのような逃げ場がないところで

練習するのが良いそうです。

なかなか、この練習も運動神経が必要で難しいです。

今日は涼しく、マーヤの気分も良いので動きも良かった。

訓練は、すべての項目で1~2回でクリアー出来たが、

「立って」だけ何故か今日は1声譜で出来なかった。

「立って」は強化練習しないとね。

脚側行進中の伏せも座れも指譜なしで1回で出来た。

それで、先生が「常歩と速歩両方の練習を今日からやりましょう」って。

脚測行進は帰りの速歩のコーナーワークが難しく、

綺麗にお尻を振って直角にまだ上手く回れていません。

速歩が難しいのではなく、

人の内側をスピード調整して回るのが難しいです。

「据座」も「遠隔の伏せ」も少し動きそうではあるが、

だいぶ形になってきた。

今日の練習で、随分見通しが明るくなった。

これは、全て気候のせいです。

涼しくなると、犬も人もやる気になって来るようです。

|

« 素敵な朝 | トップページ | バリケン300 »

訓練」カテゴリの記事