« マーヤ2歳のお誕生日♪ | トップページ | SLIP-LEAD »

迷子犬

昨日、お散歩から帰って間もなく、
ご近所さんが、近くの老人ホームの方と一緒に訪ねて来て、
「ボーダーコリーが迷い犬としてホームの所に居るのですがご存知ないですか?」

「すぐ近くにはボーダーコリーはいないけれど、とりあえず見に行きます。」てことで、

見に行ってみると、紐でくくられているわけでもないのに、
ホームの玄関先にチンと座って待っていました。

側によって撫でてやると、コロンと横になって気持ち良さそうに撫でさせる。
とっても良いボーダーのようです。

よ~く見ると、お顔が白く、何処かで見たこと有るような?????

あっ~~!たま~にしか会わないけれど、

黒ラブちゃんと一緒にお散歩しているコに似ている!!

でも、名前も、お家も分かりません!

しかし、春ちゃんママかロムちゃんママが知ってるかも知れない。
そこで、早速メールして見ると。春ちゃんママがご存知だった。
ラッキー。

そして、5時に仕事が終わると、
お家までボーダー君を連れて行ってくれる役を買って出てくださいました。

これで、ボーダーちゃんは無事お家に帰れます。

そこへ、ポムちゃんママが車で通ったので、呼びとめて、
迷子犬の話をして、ボーダー君をしばらく預かって貰う事になりました。

私はこの日午後から仕事に行かなければいけなかったので、
ボーダー君を送って行く事が出来なかったのです。

ご近所さん、犬友リレーで、
無事ボーダー君は7時前にお家に帰ることが出来ました。
パチパチ。

このボーダー君、黒ラブ君とお庭でお留守番をしているのですが、
何故かボーダー君のみ、
一人お散歩。

身体能力の優れている犬種は、いつも越えない塀とかも、
本能を刺激されると塀を乗り越えたりすることは軽いかもね。

お利口だからって過信しないで、
名札ぐらいはつけておいてくれると、
スムーズにお家に帰れるんだけれどね。

家のマーヤも塀を越えるかもしれないので、
マーヤを庭で留守番させることは避けています。
電気代はかかっても、
クーラー入れてバリケンが一番安全ですね。

マーヤが来てから、マーヤの爛々とした目が人を寄せ付けないのか、
よほど犬好きの人しか、
話しかけて来る事はなく、
すれ違ってもお話しすることが、
ほとんどない。
当然、何処のコか分かる犬も、限られています。

犬の数が増えたからか、
迷子犬も増えているようです。
皆さん、注意しましょうね。

今朝も24度ととても涼しかったですね。

枝をターゲットに、持って来いの練習をしました。

枝を投げて持って来いをすると、待てないので、

「待て」を命じてから、私が歩いて枝を持っていって投げると、
意外と訓練のときのように待てます。

2010_09_095

2010_09_097
待ってますマーヤ。「持って来い」でダッシュ!
2010_09_098

30メーターから50メーターの間ぐらいです。

2010_09_099

2010_09_0910

持って帰って来ました。「後へ」で、横に付いて枝を受け取ります。
なかなか、出さないことも多いです。

枝は大好きなので、必ず持って帰って来ますが、
枝はいくつも落ちているので、
持って帰って来た枝が、必ず指示したものだとは言えませんが、
これを100セントにする、ノウハウが今の私には分かりません。

これから、感度を上げていかないとね。

久しぶりにLeighも、此処まで重い腰を上げてやって来ました。
と言っても知ってる人が聞いたらビックリするよね。
2010_09_093

2010_09_094

「寝て待て」 を2頭で初めてやってみました。

涼しくなると、いろいろ遊べて楽しいですね。 

|

« マーヤ2歳のお誕生日♪ | トップページ | SLIP-LEAD »

」カテゴリの記事