« 落ち葉の季節 | トップページ | F1.8 ISO 1600 »

2歳になったので記念写真を撮りました

やっと、撮ってきました。

Hip 

2010_11_114

Elbow 

2010_11_115

2010_11_116

1歳になった時、JAHDに出すレントゲンを撮ってもらおうと、
JAHDのレントゲンを撮って下さる先生を、
お友達や知り合いの方々に相談して、
予約を取ろうとしましたが、
何故か予約が取れなかった。

それから、いつも通っている主治医に相談して、
ファーブル動物医療センターの山口先生を薦められ、
電話にて山口先生に相談すると、
OFAかペンヒップのレントゲンしか撮らないとのこと。
JAHDの写真が撮りたかったのですが、
山口先生は西日本ではかなり優秀な整形外科医だと、
薦められたので、
JAHDはあきらめOFAのレントゲンを撮っていただきました。

山口先生の考えでは、繁殖を考えるのであれば、
ペンヒップを撮らないとダメだそうです。

いくら、OFAでエクセレントだと評価されていても、
ゆるみが大きければ、やがて関節は傷み、
子孫にも遺伝するので、
どちらかと言うと、
ペンヒップだけ撮れば良いと考えている様子でした。

「それでは、どうして皆さんOFAに出されるのでしょうか?」
と尋ねると、

「比較的良い結果が得られるからじゃないでしょうか?」
と、おっしゃってました。

ペンヒップはレントゲンを撮る技術も難しいようで、
何処ででも撮れないのも、
原因だと思いますね。
先生は、はねられたことはないそうですが、
レントゲンが良くないと、
はねられるそうです。

今回のコストは
OFA(麻酔込み)レントゲン  31500円
診断登録料OFA Hip&Elbows 40ドル(1ドル80円で3200円)
送料 1500円

計36200円でした。

意外と簡単で、円高のせいもあってコストもあまり掛からないのにビックリ。
悩んでいるよりトライですね!

Hipは麻酔はかけなくてもレントゲンは撮れるとおっしゃってましたが、
マーヤでトライすると、
何回やってみても、
暴れて無理だったみたいで、
先生が困った顔で、
麻酔かけさせてくださいと言われました。

最近の麻酔は、かなり安全性が強く、
心配ないそうです。
11時半ごろ麻酔をかけて、
12時過ぎにはもう歩けるようになりました。

チャンスがあればペンヒップも撮ってみたいね。

山口先生にお願いしたのは、
JAHDに登録するのであっても、
膝関節のグレードは臨床医が記入するので、
専門医に見ていただく方が、
安心だと思ったから。

これは、Leighの時に経験したのですが、
専門医でないと、
圧倒的に臨床数が少ないのと、
ノウハウがないのが良く分かったからです。

結果、マーヤの膝は両方ノーマルでした。
しっかりはまっているそうです。
決してグレード1ではないと言ってもらえたので、
一安心です。

どんな結果が得られるのか分かりませんが、
ペンヒップを撮らないと、
本当の良し悪しは分からないそうなので、
今回のは2歳の記念写真って事になりそうです。

2010_11_111
欅の紅葉

2010_11_112

猫の気配がするらしく、いつまでも動きません。

2010_11_113

麻酔をかけた後は、胃捻転を起こしやすいそうです。
お水は帰って暫くしてから、
晩御飯は少なめにって言われました。

体重を久しぶりに量ってもらいました。
29キロでした。
29キロぐらいがマーヤのベストだと思います。
生涯この体重を維持するのが、
一番良いそうですよ!

|

« 落ち葉の季節 | トップページ | F1.8 ISO 1600 »

」カテゴリの記事