« Good-by MARK | トップページ | Leighの写真 Ⅰ »

レッスン96回目

昨年の12月11日が最後のレッスンだったので、

5ヶ月間もお休みしてしまった、先生とのレッスン。

自主練習はしてましたが、不安も多く、

一人での練習は、

悪い方向に行ってしまう恐れもあり、

不得意なものには触らないようにして、

出来てることのレベルを落とさないように、

軽い練習を積み重ねてすごした5ヶ月間。

5ヶ月もあれば、先生だったら一から教えてCDⅠは完成するでしょうから、

結構長いブランクです。

一緒にレッスンを始めたシェパードのポポちゃんは、

もうすでに追跡でも大会で優勝したそうだし、

オベディエンスⅡをやっていたオジャル君は

オベディエンスⅢにこの秋挑戦するそうです。

本当だったらこの秋CDⅢに挑戦したかったマーヤですが、

まずは、CDⅡをもう一度しっかり固めてからⅢ、

オベディエンスへと進もうかと思っています。

2011_05_171

久しぶりにやって来た浄化センター。広い芝生広場には誰もいなくて独り占め

2011_05_177

2011_05_178

2011_05_172

2011_05_174

2011_05_173

気持ちよい芝生の広場で写真撮影してると先生登場。

CDⅡを通しでおさらい。

先生の評価は、「このぐらい出来ていれば、

すぐにでも競技会に参加できます。

ちょっと、脚側後進の帰りが膨らんでいた箇所があるので、

そこを直すように。」と注意されました。

大きく崩れてなくって良かった!

この後「ダンベル持来」と「ダンベルをくわえて歩く」が

出来るようになったので、

見ていただいて、

苦手な「常歩行進中の立って待て」を見てもらいました。

「立って待て」はじっと待つことが出来なくって、

困っているので、

まず、その場でマーヤの周りを私が回るときマーヤがじっと待てるように、

練習を積み重ねて、

それが出来るようになってから、

行進中の立って待てが出来るようにがんばって行くことになりました。

最後に練習を始めた「送り出し」の練習方法を教えて頂いて、

「休止」の練習をして終了。

マーヤは、久しぶりのレッスンなので、

少し緊張気味でキビキビ良い動きをしてました。

私と1対1より、

先生がいるときの方がきちんとしないといけないと言う意識が

マーヤの中に芽生えるようで、

出来る確立があがるのが分かりました。

ボチボチ楽しみながら続けていけたらと思います。

|

« Good-by MARK | トップページ | Leighの写真 Ⅰ »

」カテゴリの記事