« GRTの練習 | トップページ | レッスン118回目 »

みずき君とGRTゴッコ

最近、気合が入らず、blogもなかなか書けない。

もう随分前になってしまいましたが、

19日にみずき君が遊びに来てくれました。

やっぱりこの日も秋見つけの遠足っ子が公園にはあふれていて、

空いてたのはこの草むらだけ。

いつもは枝で遊んでますが、

みずき君もダミーに挑戦してみました。

2011_10_192

少しはからむけれど、みずき君も4歳。

もうマーヤとプロレスごっこはしなくなりました。

2011_10_193

2011_10_1911

まず、マーヤがデモンストレーションして、

意欲を湧かせます。

2011_10_194

ダミーを投入してみずき君GO!

2011_10_195

2011_10_196

草むらに隠れたダミーを探してきました。

初めてにしては、難易度の高いところからスタートでしたが、

レトリーブはお手の物。

マーヤと似たような探し方をしてました。

1頭より2頭のほうが、遊ぶ意欲が湧くんですね。

いつもと同じ時間のお散歩でしたが、

倍ほどお疲れでした。

又来てね!

2011_10_197

2011_10_198

2011_10_199

2011_10_1910

段々分かってきたのですが、

レトリーブが出来るコは大抵ダミーを回収してきますね!

GRTと言う競技となると、

如何に人の支持に従って動けるか?

が重要になってくると思います。

静かに待つこと。

指示した方向に進むこと。

右の方、左の方。

戻って来い。

もっと前へ進め。

その辺りを探せ。

出せ!

せめてこのぐらいの指示が習得できて来ないと、

競技としては楽しめないように思えてきた。

この一つ一つの指示をどうやって習得させるのかが良くわからんのです。

オベディエンスで練習していることは、

なんとなく分かるのですが・・・・・。

なんでもそうですが、物事を教えるには順序がある。

コレを間違えると、

大変修正するのが難しくなるので、

やっぱり、先生が欲しいところです。

|

« GRTの練習 | トップページ | レッスン118回目 »

」カテゴリの記事