« マーヤ復活 | トップページ | レッスン125回目 »

マーヤと私だけで矢田丘陵へ

方向音痴な私は一人で山に入る勇気がなかなか出なくって、

裏山以外のところへは1人で行ったことはなかったのですが、

何度も通って山に親しくなったので、

そろそろ大丈夫かと思い1人で行って来ました。

と言っても家から直ぐ近くなので、

昼ごはんを食べて12時半から歩き始め、

3時には帰路についていたので、

裏山に行くのもあんまり変わらない感じ。

変わるのは人が居ないのと、

歩く距離が同じ時間のお散歩でも、

長い距離を飽きることなく歩けること。

マーヤも最初は、初めての一人歩きで、

腰が引けて、尻尾がお空を向いてピンと上がって緊張していました。

でも、迷子になったら大変なので、

写真を撮って道を記録しながら道を進んで行きました。

落葉樹の葉は落ちきり山は明るく、

蛇やムカデもいないこの季節、

道さえ間違わなかったら、

こんなに気持ちの良いことはない。

とっても楽しかったので、

何度も行ってみましょう。

2012_01_071_2

自分の車で行けるのは此処からの道がベスト。

アップダウンがほとんどなく、

ジョギングしている近大生が、何人か私達を追い越して行った。

2012_01_072

2012_01_073

2012_01_074

出発地点の風景。春日の原始林が見える。

2012_01_075


風もなくとっても暖かい。手袋も上着も歩けばいらないくらいです。

2012_01_076

2012_01_077_2

2012_01_078_2

2012_01_079

2012_01_0710

2012_01_0711

2012_01_0712


矢田丘陵から見る生駒山頂、。

2012_01_0713

2012_01_0714


奈良の低山は何故か竹林が多い。

2012_01_0715

時々、写真を撮る練習もしてます。

2012_01_0716_3


段々、お顔が怒って来てます。

2012_01_0717

2012_01_0718_2

ただ歩くことに飽きてきたので、
「待て」の練習しながら前に進みます。
直ぐに、文句を言い出すマーヤ。

オベディエンスⅢを受けた先輩は、
声を出した為に「待て」の点がなかったと聞いた。

マーヤのこの声は致命傷になる。

何度も叱るが、なかなか治らん!
次は絶対ワンワン言わないコにするぞ~。

2012_01_0719

2012_01_0720

2012_01_0721

2012_01_0722_2

2012_01_0723_2


コレは何の種?初めて見っけ。

2012_01_0724

2012_01_0725


チラチラ小雪が降り始めました。

2012_01_0726

無事、出発地点に戻って来ることが出来ました。

この近所の人は毎日お散歩が楽しいね!

でも、犬には会わなかったね~。

|

« マーヤ復活 | トップページ | レッスン125回目 »

」カテゴリの記事