« 競技会前にナルーちゃんと練習 | トップページ | 引越しのお願い »

GRT 第4回定例競技会 富士見高原

マーヤ、ナルー、マナの3頭と真理ちゃんと私の2人でGRTの競技会に参加してきました。

2012_10_148_2

2012_10_144-2012_10_143

2012_10_146

2012_10_149

富士見高原は小淵沢インターを降りて直ぐのところにあるので、
とっても分かりやすい場所ですが、
会場に入るのは、草と木が両サイドに迫っていて、
1台車が通るのがやっとな2メーターちょっとの道を、
車を傷つけながら通らないといけなかった。
道がぬかるんでなかったので、ラッキーでしたが、
今回は、真理ちゃんちのシエナ号で乗せていって貰ったので、
車が傷付いたのではないかと思い申し訳なかったです。

5月にデビューしてから3~4ヶ月、
少しでも訓練競技会ではなくGRTらしいレトリーブになるように
暑い夏の間練習をして来ました。

練習では、前回に比べると犬笛も吹けるようになったし、
シッピングもダブルもかなりの確立で出来るようになっていた。

まだ、バックや右左は理解できていないが、
上手く探せないときは呼び戻して、リセットもできるようになってきた。

実力的には、少しは上達してるマーヤですが、
競技会に実際に参加してみると、
もの凄く興奮してしまって、
私の声が聞こえない状態で競技に参加することになってしまった。

訓練競技会に初めて参加する時でも、
マーヤはコンディションを整えるのが大変難しい犬で、
実力を常に出せない状態が続いている、
GRTにおいても、
これから、コンディションの作り方を調整して、
ベストの状態で参加出来るように、
練っていかなければいけないと、
気づきました。

昨日の富士見高原は、
草丈が大変長く、
ダミーを見つけることが難しい条件化での競技会で、
5月の大会とは原っぱの状態が全く違ってました。
マーヤは4種目中のシッピング30mとマーキングダブル50mの、
2種目失格となり-88ポイント17位となりました。

2012_10_141

2012_10_142_2

今回のマーヤとの競技では、馬鹿でかい声での呼び戻しは止めて、
リコールホイッスルのみにしてみたら、
笛ぐらいではシッピングは止まらなかった。

まだまだ、練習が足りなかったようです。

ダブルの時は、1本目持って帰ってきて2本目を取りに行くのに、
ジャッジの足元に6個ほど終了したダミーを積み上げてあるのを、
どうしても取りに行きたかったようで、
何度送り出しても、指示した方角ではなく、
ジャッジの足元に向かって走って行き、
タイムオーバーとなってしまいました。

指示したものでなくっても、
自分の取りに行きたいダミーを持ってくれば良いと
マーヤは勝手に解釈してしまってます。

マーキングシングル50mでは、
隣の競技犬がマーヤのマーキングしたダミーをシッピングして、
持って行ってしまった。
仕方なくマーヤは、置いて行ったダミーを探して
持って帰って来るといったハプニングもありました。

今回の競技会では結果は出なかったけれども、
いろんな経験を積むという点では、
参加出来て良かったと思います。

2012_10_147

全ての競技が終わって原っぱで遊んでいると、
良い感じの動きになって、
帰り際だったら4科目クリアー出来たかもって思ってしまった。

ノービスクラスにおいての課題もたくさん見えてきました。
次の参加はいつになるのか分かりませんが、
コツコツ練習して行きたいと思います。

先輩犬と記念写真を撮っていただきました。

2012_10_14

バニラ オペラ ティナ マーヤ

今回のアドバンストクラス第1位はバニラちゃん3位はティナちゃんでした。
写真はないけれど、今回もとっても難しいブラインド100mをm、間じかで見学
出来ましたが、アドバンストクラスになると失格になるコがいないくらい、
みなさんハンドラーに忠実で、勝手にフライングしたり、
お隣が気になったりしなくって、
指示されたことしかやらない。
優秀でビックリです。

ティナちゃんのように落ち着いて競技できるように、
並ばせて貰いましたが、随分距離が開いてますね(笑い)

最後に、お気に入りの写真を1枚。
デルタちゃんの娘ナナちゃん。
競技に入る前にコノポーズで待っていました。
2012_10_14_nana

|

« 競技会前にナルーちゃんと練習 | トップページ | 引越しのお願い »

GRT」カテゴリの記事